ps3 プレステ3 

任天堂 Wii

今回発売するモデルは、基本の入出力端子を備えながら、従来のTV(NTSC/PAL)からフルHD(1,080i/1,080p)対応のフラットディスプレイを広くサポートすることにより、最先端のコンピュータエンタテインメントコンテンツをより多くのユーザーが楽しめる。家庭内での使用が中心になることから、廃熱・静音対策を徹底的に追求することにより、現在のPS2並みの静粛性を確保した。

Cellの圧倒的な演算能力を活かして、PS3は次世代DVDの中でも最も大容量および高画質のBD(ブルーレイディスク)に記録されたコンテンツをBDの規格が規定する最高のビットレート(多重化:48Mbps)で余裕を持って再生可能。これにより、BDフォーマットの有する最高の画質・音質を様々なディスプレイシステムで当初から楽しむことができる。


「Wii」は、片手で扱えるテレビリモコン型コントローラーが特長。
腕の傾きや動きを探知するセンサーを内臓し、遊び手がコントローラーを持ってテニスや釣り、チャンバラなどの動作を行うとそのままゲーム内容に反映される。インターネット
の常時接続機能も搭載。

・任天堂の岩田聡社長が「Wiiは次世代機ではない」と明言。
・Wii開発の上で「処理能力至上主義」という選択肢をあえて選ばなかった。
・本体の発売と同時期に「Wiiらしい"タイトルを多数投入する」。
・ゲームを配信するバーチャルコンソールでは、過去のゲームだけでなく、コンパクトな新作ゲームを500〜1000円程度で販売。
・バーチャルコンソールの起動時間は「3秒」を目標に開発を進めている。
・WiiとニンテンドーDSの連動タイトル第一弾は「ポケモン」。
・本体の価格と発売日は9月に発表。
・今期の目標出荷台数は本体が600万台、ソフトが1700万枚。

プレイステーション3
「メタルギア ソリッド 4 ガンズ オブ パトリオット(仮称)」
「機動戦士ガンダム(仮称)」
「鉄拳6(仮称)」
「グランツーリスモ(仮称)」
「仁王(仮称)」
「フィフス ファントム サーガ(仮称)」
「バイオハザード5(仮称)(PlayStation 3版)」

プレイステーション2
プレイステーション
ゲームキューブ
ゲームボーイアドバンス
ゲームボーイ
Xbox 360
Xbox
PSP
ニンテンドーDS